介護施設正社員募集情報

秋田県 介護の取り組み

  • 秋田県の高齢者の状況

    高齢者数の推移

    (1)高齢者数・高齢化率の現状と将来推計
    ● 高齢者数は年々増加しており、それに伴って高齢化率も年々上昇を続け、平成26年10月1日現在の秋田県の人口は1,036,861人で、65歳以上の高齢者数は338,004人、高齢化率は32.6%となっています。
    ● 本計画期間においても、人口の減少と高齢者数の増加が予測されており、また、高齢化率が全国一高い状態が継続すると、国立社会保障・人口問題研究所では予測しています。
    ● 団塊の世代が65歳以上となる平成27年には、65歳以上の高齢者が県民の約3人に1人となり、さらに、平成42年には高齢化率が4割を超えると予測されています。

    (2)後期高齢者数の増加
    ●秋田県では、平成19年に後期高齢者数が前期高齢者数を初めて上回り、総務省統計局が公表した平成25年10月1日時点の人口推計では、本県の後期高齢化率が17.8%と全国で一番高くなっています。
    また、平成26年10月1日現在の後期高齢化率は18.0%となっています。
    ●後期高齢者数は平成42年頃まで増加する見込みです。

    高齢者世帯の推移

    ●秋田県内の総世帯数は平成17年をピークに減少し、今後も減少していく見込みですが、高齢者世帯数は平成32年頃まで増加し続ける見込みです。
    ●高齢者世帯のうち単独世帯(ひとり暮らし)と夫婦のみの世帯が、平成37年頃まで増加し続ける見込みです。
    ●一般世帯に占める高齢者世帯の割合は、今後も増加し続ける見込みです。

    介護施設正社員募集情報

    居宅サービス・地域密着型サービスの利用状況

    訪問系

    ●訪問介護の利用は、計画を10%ほど上回り増加傾向にあります。
    ●訪問入浴介護については、短期入所事業や通所介護の利用の増加に伴い利用者が減少したものと思われます。

    通所系

    ● 通所介護・通所リハビリテーションの利用は計画に近い実績となっています。

    入所系

    ● 短期入所生活介護・短期入所療養介護の利用は、計画を20%上回りました。
    ● 短期入所サービスの整備が進んだことなどを背景に、介護者が一時的に休息をとるための利用や、入所施設の待機者が入所が決定するまでの間の利用が増えたことなどが、増加した要因として考えられます。

    福祉用具

    ● 福祉用具貸与・特定福祉用具販売は、ほぼ計画どおりの利用実績となっています。
    また、介護予防福祉用具貸与は計画を上回っています。

    居宅介護支援

    ● 居宅介護支援、介護予防支援の利用者は、ほぼ計画どおりに推移しています。

    地域密着型サービス

    ● 定期巡回・随時対応型訪問介護看護は、平成24年度、25年度の実績はありませんが、平成26年度に3箇所開設されています。
    ● 夜間対応型訪問介護は、現在、県内には事業所がありません。夜間の訪問介護が必要な方へは、24時間対応の訪問介護事業所が対応しているものと考えられます。
    ● 小規模多機能型居宅介護は計画を上回る実績となっています。
    ● 認知症対応型通所介護、認知症対応型共同生活介護、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護、地域密着型特定施設入居者生活介護は、計画を若干下回り推移しています。
    ● 複合型サービス(看護小規模多機能型居宅介護)は2箇所開設されていますが、計画には達していません。

    施設サービスの指定状況

    ● 介護保険施設については、広域的な観点に留意し、圏域別の需要動向を勘案しながら、計画的な整備を促進しました。
    また、居宅サービスや地域との連携を図りながら、専門的な介護機能を活かし、地域の保健福祉サービスの拠点施設として利用されています。

転職支援サービスを使えば理想の転職が現実に!

    ◆介護のお仕事は慢性的な人手不足で、売り手市場です!
    ◆以下にあてはまるなら、転職支援サービスを利用してみませんか?

  • 今のお給料より少しでも高いところに転職したい。
  • 残業が少なくてプライベートな時間も確保できると嬉しい。
  • もっと休みが欲しい。休日日数のしっかりある会社がいい。
  • 研修制度の充実した施設に転職したい。
  • 介護士としてもっとキャリアアップしたい。
  • 資格やスキルを十分に評価してくれる職場に転職したい。
  • 将来も長く働ける安定した会社に転職したい。
  • 夜勤手当など手当の充実した会社に転職したい。
  • 人間関係の良好な職場で働きたい。
  • 通勤時間の短い職場に転職したい。
  • 車通勤OKの職場がいい。
  • 自宅に近いエリアで働きたい。
  • 託児所つきの職場で安心して働きたい。
  • 新規オープンの施設でオープニングスタッフとして働きたい。
  • これまでの経験を介護の仕事に活かしたい。
  • ・・・などなど。

    【対象】・特養(介護老人福祉施設/特別養護老人ホーム)・老健(介護老人保健施設)・グループホーム(認知症対応型共同生活介護事業所)・ケアハウス(介護利用型軽費老人ホーム)・ケアホーム(障がい者共同生活介護事業所)・有料老人ホーム(介護付き有料老人ホーム)・サービス付き住宅(サービス付き高齢者向け住宅)・訪問/ホームヘルプ(訪問介護サービス)・ショート/SS(ショートステイ/短期入所生活介護)・デイ/通所(デイサービス/通所介護事業所)・地域密着型サービス/小規模(小規模多機能型居宅介護)・訪問入浴/巡回入浴(訪問サービス) など

    ※介護職・ヘルパー、ケアマネージャー、生活相談員、サービス提供責任者、管理職、機能訓練指導員、看護師、送迎ドライバー、介護事務、医療事務、管理栄養士、家事代行スタッフなどの職種の求人募集があります。

介護施設正社員募集情報

生活相談員・営業関係職のお仕事

ホームヘルパー、施設介護職、ケアマネジャー、生活相談員など、介護・福祉に関する職種はさまざまあります。職種によって仕事内容が異なりますが、意外と曖昧な理解のまま過ごしてしまっていることも多いようです。
同じ施設で働く仲間がどんな仕事をしているのかを知っておくことで、よりスムーズに業務が進みます。
それぞれ職種によって必要な資格も異なりますので、介護・福祉の主な職種をご紹介します。

生活相談員・営業関係職

介護業界での営業関係職は、介護事業、施設運営、事業所などを側面からバックアップ、サポートする役割を担っています。営業の具体的な仕事内容には、入居者の獲得はもちろん、内外の情報収集、顧客情報の管理などをベースに今後の展開と目標を組織的、計画的に実施していく業務などがあります。

また、介護事業の中で社会福祉主事、社会福祉士のどちらかを取得している者は生活相談員になることができます。生活相談員は、援助相談員とも呼ばれており、利用者とその家族との面談や面接、連動する機関との連絡や調整、入居者、利用者の生活面でのお手伝いまでその仕事は広範囲に及びます。

介護施設正社員募集情報

無資格未経験OKの介護職求人募集状況

無資格未経験OKの介護職求人をお探しのあなたに朗報です!
専門資格と経験をお持ちの方の転職はとても有利と言われていますが、介護職員として無資格未経験や初心者の方にもチャンスはたくさんあります。
なぜなら、介護職員には実に多くの職種・就業形態・施設形態があり、常に求められているお仕事だからです。

無資格や未経験での介護職への転職は、とても不安が大きいものではないでしょうか。
介護の現場は経験していくことで仕事を覚えられますので、そこは心配しないでくださいね。
むしろ、最初に職場を決める時がポイントになりますので、じっくりとご自分に合った職場を選ぶようにしましょう。
無資格未経験でも丁寧に指導してくれる介護施設もたくさんありますので、あなたひとりでは見つけられなかった優良施設も「転職支援サイト」のサポートを受ければすぐに見つかると思いますので、おすすめしています。

お近くの介護施設でも多くの未経験OKの求人募集があり、これまでも多くの介護職員未経験・初心者の方が実際に希望の職場を見つけることができています。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護施設正社員募集地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ