介護施設正社員募集情報

広島県 介護の取り組み

  • 広島県介護の具体的な取組内容(参入促進)

    介護の3つの魅力(楽しさ・深さ・広さ)の情報発信によるイメージアップ

    ○「介護の日」フェスタin広島 イベントの開催【基金】
    ○「介護の日」ポスター募集(小・中・高校生)【基金】
    ○小中学校を訪問し,地域の施設・事業所の職員が講演会を実施「介護プチ講演会」(小・中学生)【基金】
    ○一般大学のキャリアセンター担当者を集めた連携会議の開催【基金】
    ○一般大学理解促進就職セミナーの開催【基金】
    ○一般大学の学生を一堂に集めた横断型セミナーの開催【基金】
    ○H25,26年度に作成した高校生向けDVD,女性向けパンフ,一般大学生向けパンフ,若年層向けとして作成したヘルプマンジャパン広島の活用
    ○福祉・介護業界紹介番組の実施(県内の福祉・介護事業所から負担金による協議会独自業)

    ⇒●「介護の日」フェスタ:参加者3,000人目標
    ●ポスター募集:800枚目標
    ●介護プチ講演会:小・中学校各25校
    ●一般大学キャリアセンター担当者会議:実績7/9,11大学(第2回を12月予定)
    ●一般大学セミナー:昨年7大学55人以上を目標
    ●一般大学横断型セミナー:定員50人
    ●各事業での啓発物の配布
    ●視聴率9%以上(平均視聴率)

    高校教師・親の理解促進、地域志向型の若者の掘り起こしの強化

    ○養成校の職員等により高校を訪問し,保護者・生徒・教師を対象に説明会を実施【基金】
    ○施設・事業所を各地域で開放していただき,職場体験へ誘導する。【基金】

    ⇒●高校理解促進:実績(教員200人,生徒583人)
    ●施設・事業所解放:予定(施設体験160人,バスツアー2回予定)

    中高年齢者の地域ボランティア参画等の促進

    ○施設・事業所を各地域で開放し,地域の方々に職場の魅力を発信【基金】

    ⇒●施設・事業所解放:予定(施設体験160人,バスツアー2回予定)

    その他の「参入促進」の取組

    ○潜在的有資格者を対象とした再就職促進事業【基金】

    ⇒●再就職促進:定員30人を100%マッチングに結び付けることを目標

    介護施設正社員募集情報

    今後の取り組みを強化するために必要な視点

    今後、介護人材確保の取り組みをこれまで以上に進めていくためには、介護分野の事業者全体の意識改革や事業所間の連携も含めた自主的な取り組みが重要である。

    その際には、行政とも協働しながら、「参入の促進」、「定着の促進」「多様な介護人材の活用と生産性向上・イノベーションの創出」の3つの視点に留意しつつ、取り組みを進める必要がある。

介護施設転職情報の詳細はコチラ

介護サービスへの転職は、間違いなく売り手市場です!

条件のいい高待遇の介護士転職求人は、非公開求人となっていることがほとんどです。

カンタンな登録で、非公開求人を含めた高待遇の求人情報を随時案内してくれる「転職サポート」は、介護士の3人に1人が登録済という人気転職サイトです。

介護施設への転職については、1施設ごとの求人数が多いわけではありませんから、募集のタイミングでうまく情報をキャッチすることが希望の介護施設への転職には欠かせません。

介護施設への転職を希望されているのであれば、まず「転職サポートサイト」に登録して、転職に有利になる様々な情報を入手しておいてくださいね。



介護施設転職情報の詳細はコチラ


職種によって仕事の内容が異なるのはもちろんですが、どのような施設で働くかによっても業務は違ってきます。主な施設の種類は以下になります。

・特養(介護老人福祉施設/特別養護老人ホーム)
・老健(介護老人保健施設)
・グループホーム(認知症対応型共同生活介護事業所)
・ケアハウス(介護利用型軽費老人ホーム)
・ケアホーム(障がい者共同生活介護事業所)
・有料老人ホーム(介護付き有料老人ホーム)
・サービス付き住宅(サービス付き高齢者向け住宅)
・訪問/ホームヘルプ(訪問介護サービス)
・ショート/SS(ショートステイ/短期入所生活介護)
・デイ/通所(デイサービス/通所介護事業所)
・地域密着型サービス/小規模(小規模多機能型居宅介護)
・訪問入浴/巡回入浴(訪問サービス)

介護施設転職情報をこまめにチェックして、希望の転職を実現していきましょう!


介護施設正社員募集情報

介護福祉士の転職・採用・募集状況

介護士・ホームヘルパー・ケアマネージャーの転職状況

高齢者福祉の求人は現在も多く、介護士・ホームヘルパー・ケアマネージャー等の介護の仕事に携わる人に取って転職・就職率は高いです。

一時の不況を抜け出し、日本の景気は全体でみるとずいぶん回復してきました。失業率も年々、下がってきています。それでも全産業でみると、有効求人倍率は1.0を切っています。つまり、求職している人の数に対して、求人募集の方が少ないということです。

そんな中、介護分野に限ってみると、有効求人倍率は2014年度で約1.82倍。しかも、2011年の1.31からずっと伸びてきています。これは、働きたい人よりも仕事の方がどんどん増えている、ということ。介護分野は成長産業といえます。

介護の仕事に携わろうと考えている人にとっては、チャンスも多い状況なのです。

しかし、あなたの希望どおりの転職を実現するためには、知っておかなければならないことがたくさんあります。

介護士・ケアマネージャー・ホームヘルパー等の介護職の転職は、現場の実情を知らずに応募書類を提出しても、なかなか採用には至らないのが実態です。

あなたが転職したい介護関連企業に精通した専門家に相談して、転職を成功させるまでサポートしてもらうことをオススメします。

あなたの希望条件に近い就職先を無料で紹介してくれるだけでなく、転職が成功するように必要なアドバイスもしてくれます。

他産業に比べ、有効求人倍率が高い介護分野。求職者にとっては、たくさんの仕事に巡りあえるチャンスです。じっくり求人を吟味して、ご自分に向いた仕事、満足のいく転職を実現させたいですね。

介護施設正社員募集情報

無資格でも大丈夫!介護施設の求人を見つける方法

数多くのホームヘルパーの求人や介護施設の情報を見つけるためにはインターネットの利用が便利です。

介護関連の就職情報を扱うポータルサイトではホームヘルパーの求人を給与、働き方、エリアなどで絞り込みをかけて検索することもでき、介護施設の設備情報やサービス内容を一覧することが出来たり、都道府県別の仕事情報を効率的に集めることが可能となっています。

求人ページから簡単に就職採用面接のためのエントリーができたり、問い合わせを行う事の出来るメールフォームが完備されていることもありますので有効に利用して仕事へと繋げることも可能です。

介護等の資格がある場合には採用に有利になりますので持っている資格として応募時に忘れずに入力することが大切です。

介護職は社会的ニーズが高く、無資格OKの施設や中高年などシニア層でも働くことができる場所もあるため、働きながら介護の資格を取りたい方やベテランの方もこうしたサービスを利用して職場を見つけることが可能です。

介護の仕事の特徴

まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。


介護施設正社員募集地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ