介護施設正社員募集情報

長崎県 介護の取り組み

  • 長崎県の高齢者の現状と将来推計

    高齢化の状況

    人口構造の変化

    長崎県の人口は昭和35年をピーク(約176万人)に昭和60年以降、毎年減少傾向が続いており、今後もその傾向は続いていくものと推測されます。
    年齢3区分別人口を見ると、本県の65歳以上の高齢者人口は昭和60年以降に増加が続いており、平成37年(2025年)には約44万人でピークに達すると推測されています。

    高齢化の現状

    高齢化率についても、全国を上回る率で上昇の一途をたどっており、平成27年には29.8%、平成52年には39.3%に達する見込みとなっています。
    長崎県の圏域別での高齢化率の状況を見ると、県央地区において、全国平均を下回るものの、離島地区においては総じて30%を超えるなど高い状況にあり、上五島地区においては、36.7%に達しています。
    平成22年の本県の平均寿命は、男性が78.88歳、女性が86.30歳となっており、平成17年に比べ、男性が0.75歳、女性が0.45歳延びています。
    また、平成25年の簡易生命表(厚生労働省)では、全国の平均寿命について、男性が80.21歳、女性が86.61歳となり、男性について初めて80歳を超えました。
    なお、日常生活に制限のない期間の平均である健康寿命(平成22年)について、本県の男性は69.14歳(全国70.42歳)、女性は73.05歳(全国73.62歳)と、いずれも全国平均を下回っている状況です。

    高齢者の生活状況

    高齢者世帯の動向

    長崎県の一般世帯総数に占める65歳以上の高齢者のいる世帯の割合は、国に較べて5%程度高くなっており、今後もその傾向は続く見込みとなっています。
    また、高齢者のいる世帯における「高齢単身世帯」「高齢夫婦のみの世帯」の割合も増加傾向にあり、平成37年には両者を合わせて30%を超えることが推測されています。

    高齢者のいる世帯の住居の状況

    長崎県では、一般世帯の持ち家率が64.1%に対し、「高齢者のいる世帯」が84.0%、「高齢単身世帯」が72.9%、「高齢夫婦のみの世帯」が88.6%といずれも持ち家率が高くなっています。
    また、借家の状況をみると、一般世帯で民間の借家の割合が高く、高齢者世帯の中では「高齢単身世帯」が16.1%と民間の借家の割合が高くなっています。

    就業状況

    長崎県では、65歳以上高齢者の16.9%にあたる約6万2千人が何らかの仕事に従事しています。性別では、男性の25.2%、女性の11.4%が従事しており、男性の就業率が高くなっています。
    また、圏域別では壱岐・県南・対馬圏域の順で高齢者の就業率が高く、特に壱岐圏域では24.9%と県平均16.9%を大きく上回っています。
    仕事の内容では、約3割を農林漁業が占め、次いで卸売・小売・飲食店、サービス業の順となっており、継続就業希望者も83.7%と高い割合になっています。

    健康状況

    平成23年患者調査(厚生労働省)の推計患者数によると、全国の65歳以上の高齢者の受診者総数は約424万人となっており、全年齢の受療者総数に対する割合は49.3%となっています。
    長崎県の65歳以上の高齢者の受診者総数は約6万6千人となっており、全年齢に対する割合は55.5%と全国より高くなっています。
    また、同調査において、本県の受療率(ある特定の日に疾病治療のために、入院あるいは通院、または往診を受けた患者数の人口10万人に対する比率)は、年齢が高くなるにつれて入院、外来ともに受療者が多くなっており、75歳以上では、入院が6,631人、外来が14,085人、総数では20,716人となっています。

    認知症の状況

    高齢化の進展に伴い、認知症高齢者の数は、平成24年では、65歳以上の7人に1人であったのが、平成37年(2025年)では5人に1人となり、本県においても平成37年(2025年)には8万3千人以上となるものと推測されています。

    介護保険給付の現状

    介護認定状況

    長崎県の要介護度別の認定状況(平成26年9月30日現在)の内訳を見る、要支援1、2、要介護1、2と軽度の認定者数が多い状況になっています。
    また、介護保険制度の始まった平成12年と平成26年を比較すると、認定者数で約2.0倍、認定率で約1.6倍となっています。

    介護サービス受給状況

    平成26年9月における各介護サービス受給状況は以下のとおりとなっており、全体の介護サービス受給者のうち居宅介護(介護予防)サービス受給者が73.0%、施設介護サービス受給者が15.7%、地域密着型(介護予防)サービス受給者が居宅介護サービスで11.3%となっています。
    また、介護サービスの受給率(認定者数のうち介護サービス受給者の割合)は84.4%となっています。

    介護費用

    介護費用の推移を見ると、介護保険制度の始まった平成12年と平成26年(予算ベース)で比較すると介護総費用で約2.3倍となっています。

    介護サービス等の推計

    長崎県の要支援・要介護認定者数の推計

    長崎県の高齢者人口が平成37年にピークを迎えるのに伴い、要支援・要介護認定者数の推計についても、平成37年には平成26年と比較して1.23倍となる見込みとなっています。

    長崎県の介護サービス利用量の推計

    今後の認定者数増加に伴い、各種介護サービス利用量についても軒並み増加の見込みとなっています。

    長崎県の必要人材の推計

    平成24年度平成29年度平成32年度平成37年度
    介護職員数25,33729,82030,19132,122
    介護保険施設・事業所の看護職員数4,4085,0325,2445,594
    介護その他の職員12,63515,57516,29317,545
    合計42,38050,42751,72855,261
    介護施設正社員募集情報

    安全・安心な社会生活環境の整備

    福祉施設の整備(長寿社会課)

    養護老人ホームの整備

    (現状)
    ○養護老人ホームは、65歳以上で、環境上の問題があり、かつ経済的に困窮し、居宅において生活することが困難な高齢者を入所対象とする施設で、平成26年度末現在、県下15市町に32施設が設置されています。
    (推進方策)
    ○今後の養護老人ホームのあり方として、介護保険給付である特定施設入居者生活介護の適用となる施設への一部又は全部の転換を視野に入れながら改築等の整備を促進します。

    軽費老人ホーム(ケアハウス)の整備

    (現状)
    ○軽費老人ホームは、60歳以上で、身体機能の低下や高齢などのため自立して生活するには不安があり、家族による援助を受けることが困難な高齢者を入所対象とする施設で、A型(食事の提供や日常生活上必要な便宜を供与)、B型(自炊が原則:長崎県内なし)、ケアハウス(バリアフリーに配慮)に区別されます。
    平成26年度末現在、県内には12市町にA型、ケアハウス、計38施設が設置されています。
    (推進方策)
    ○軽費老人ホームA型とケアハウスの整備については、既に充足されていると考えられるため、その整備目標は現状の水準を維持することを基本としますが、設置者から居住環境の改善を目指してA型の軽費老人ホームからの転換の要望があれば、ケアハウスへの転換を推進していくこととします。

    生活支援ハウス(高齢者生活福祉センター)の整備

    (現状)
    ○生活支援ハウス(高齢者生活福祉センター)は、老人デイサービスセンター等に居住部門が併設された施設で、居住部門は、原則として60歳以上のひとり暮らしの方、高齢者のみの世帯に属する方または家族による援助を受けることが困難な方で、独立して生活することに不安のある方が入所対象で、平成26年4月1日現在、県下14市町に32施設が設置されています。
    (推進方策)
    ○生活支援ハウスの整備については、既に充足されていると考えられるため、施設数、定員は現状の水準を維持することとします。

    有料老人ホームの適正運営等(長寿社会課)

    (現状)
    ○人口減少と高齢化の進展により、高齢単身者や高齢夫婦のみの世帯の増加が今後も見込まれる中、高齢者の住まいの確保はますます重要となってきています。
    現在、介護サービスも含めて多様化しているニーズに見合った高齢者向けの住まいが提供される中で、入居する高齢者自身が自分に見合った住まいの選択ができるようになることが望まれます。
    (推進方策)
    ○有料老人ホームの設置にあたっては「長崎県有料老人ホーム設置運営指導指針」に基づき、計画段階から、立地条件・設備・サービス内容等について、市町と協議を行っています。
    ○特に、特定施設入居者生活介護事業所の指定を受ける有料老人ホーム及びサービス付高齢者向け住宅については、平成27年度から特別養護老人ホームの新規入所者が原則、要介護度3以上に限定されることから、軽度要介護者の受け皿として期待されており、「長崎県指定特定施設入居者生活介護事業所の設置等に係る事前協議事務取扱要綱」による市町と事業者との事前協議をもとに、市町における特定施設入居者生活介護の利用見込者数を踏まえ、市町と連携して、適正な整備を図っていきます。
    ○また、有料老人ホームの定義に該当すれば、届出がなくても、老人福祉法に基づく立ち入り検査や改善命令の対象となることから、届出の有無にかかわらず適正な業務運営がなされるよう必要な指導を行っていきます。
    特に平成24年4月、老人福祉法の改正により義務付けられた前払金の保全措置については、入居者保護の観点から徹底されるよう厳しく指導していきます。

    高齢者向け賃貸住宅の整備(住宅課)

    (現状)
    ○長崎県の高齢者のいる世帯の割合は、全国と比べて高くなっています。また、住居に関して、高齢者の単身世帯は他の高齢者世帯の中で民間借家の割合が高くなっています。
    一方高齢者の住む住宅のバリアフリー化については、まだ十分ではありません。このような状況を踏まえ、高齢者の住まい方に合わせ、適切なケアやサービスが受けられる住宅で暮らせるような支援が必要です。
    (推進方策)
    ○長崎県では、長崎県高齢者居住安定確保計画に基づき、「高齢者が住み慣れた地域で、安心して住み続けられる長崎県」を基本理念に、住宅施策と福祉施策の連携の充実、強化を図り、各々の施策を総合的に推進することにより、高齢者の居住の安定確保に取り組んでいきます。
    ○長崎県住生活基本計画に基づき、高齢者や障害のある方向け公営住宅の供給をはじめ、既存公営住宅のエレベーター付高齢者向け住宅への改善及び民間活力を活用したサービス付き高齢者向け住宅の整備推進等、高齢者が安心して住まえる住宅を平成32年までに6,800戸のストック形成を目指します。
    (平成32年度までに養護老人ホーム、軽費老人ホーム、有料老人ホーム、高齢者向け賃貸住宅を合わせて高齢者人口の3%の整備を目指します。)
    ○高齢者すまい法に基づき、民間事業者がバリアフリー構造を備え、安否確認・生活相談サービスを提供できる高齢者の生活を支援するサービス付き高齢者向け住宅の登録を推進します。
    ○既存公営住宅にエレベーターを設置するほか、手すりの設置、段差解消及び 3 か所給湯を行うことにより、高齢者が安心して住み続けられるような住戸改善事業を促進します。
    ○公営の高齢者世話付き住宅(シルバーハウジング)への生活援助員派遺及び高齢者の安否確認や生活相談等の支援を行います。
    ○市町との負担割合を同等とする等、適正な役割分担の下に、民間建設型高齢者向け優良賃貸住宅において、所得の少ない高齢者でも住み続けられるよう、家賃補助を行います。
    ※ 改正前の高齢者すまい法第34条の規定により整備された住宅で、建設補助及び家賃補助を受けているもの。
    ○平成23年度より県営住宅において75歳以上の高齢単身世帯の入居者に対して、指定管理者による見守りサービス制度を導入し入居者の安否確認サービスを行っています。

求人情報からは介護施設の雰囲気までは分からない!

残念ながら、あたながどれだけ意欲を持っていても、法人や施設・事業所の理念や運営の在り方に不満があれば、働き甲斐は感じられません。あなたの能力も発揮しにくくなります。

ハローワークの求人情報から、どれだけの内容が分かるでしょうか。
あなたの希望条件が、スタッフの人柄、施設の雰囲気、施設長がスタッフをどれだけ大事にしているか、などなら、求人情報から読み取ることができません。
唯一、面接をするときのわずかな時間でのみ、わずかな情報を入手できます。
ですが、面接の前に知っておきたいですよね。

今は求人情報は、アルバイトサイトや転職サイトにたくさん掲載されています。そこで自分で検索しても、やはり施設の雰囲気を読み取るのは難しいです。
そんな時は、介護業界で長年転職やパート・アルバイトのサポートをしている、パート勤務のプロに相談してみるのが一番早く、適切な情報が入ってきます。また、求人情報だけでなく、面接の指導や、就職後のフォローまでしてくれます。

介護施設正社員募集情報

高齢化が進み将来性のある仕事です。

日本では今、少子高齢化社会が進み老人福祉施設の建設も多く、民間企業が介護にどんどん参入してきています。

そういう状況なので、ホームヘルパーの求人の割合は他の業種とくらべると高いです。

また、ホームヘルパーの資格は比較的とりやすく、人気があるという話はよく耳にします。

老人福祉施設や居宅支援事業所ではホームヘルパーなしでは成り立ちません。

それだけ需要があり、必要とされています。

都道府県別に有効求人倍率をみてみると東京や神奈川など都市部が高くて、地方が低いです。

やはり地方だと人が集まらないせいかあまり求人が多くないようです。

または地方のお年寄りの方が長生きで元気なお年寄りが多いのかも知れません。

しかし、ほかの業種よりもはるかにホームヘルパー求人は多いですし、これからさらに高齢化が進みますので、将来性のある仕事です。

お年寄りと接することが好きで世話好きの人には向いている仕事かもしれません。

介護施設正社員募集情報

希望通りのパート介護求人を見つけるには

介護職のパートを探す際のポイントとしては・・・

・研修や介護についての教育システムがあるか
・ブランクや未経験者への指導はあるか
・育児との両立、勤務時間などライフスタイルに応じた働き方ができるのか
・資格取得支援制度などあるのか

施設によっては、子育て中の職員を対象に、子供手当というのもあります。この他にも、自分が働く上での必要な事もしっかりと確認しておくようにしましょう。

ただ自分で探す場合、求人の詳細などを見ても簡単な説明しか掲載されていないため、いざ応募してみると「求人内容と違っていた」という事も少なくありません。

そのような事態を防ぐには事前の情報収集が大切ですね。そのためには介護職専門のサイトなどに登録するという方法もあります。

介護士求人サイトなら介護の専門に精通しているので、求人紹介施設の種類も豊富にあり、専任のコンサルタントが求人紹介や面接の調節などサポートしてくれますので、それはメリットといえます

小さい子供がいる場合、残業なし、土日休み、急な発熱でも休めるのか?など自分では直接言いづらい、わがままな条件もコンサルタントが施設側と交渉・確認してくれます。

このように、仕事を探す方法は色々とありますが、直接施設に質問しづらいことがあるケースほど、介護の専門サイト求人に無料登録をして就職活動を進めるほうが、ご自身の負担が少なくて済みます。より良い条件で働くことができれば、仕事に対する意欲も断然高まります。

こうした介護求人の人材紹介会社は、完全無料で利用できます。介護士パート求人でお仕事探しをされている方は、一度相談されてみてはいかがでしょうか。


介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護施設正社員募集地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ